古松株式会社は表装用和紙、金箔押紙、各種表装材料、表具用裂地、道具等を扱う表装材料の専門商社です


発行見本帳    やまと和紙・金紙・金細工・
     表装材料・ 裂地

 

見本帳 内容紹介

手漉、機械漉 表装用和紙総合見本帳
 やまと和紙

「やまと和紙」は遠く大海人皇子(のちの天武天皇)が里人達に楮から紙を漉くことを教えたのが始まりと言われています。室町時代から江戸時代にかけては宇陀紙・吉野紙として、多く用いられ、その後も歴史と風土に育まれながら伝統を受け継ぎ、幾世代にわたって伝えられてきました。
特に表装用・本場宇陀紙・本美栖紙・裏打ち紙は 国宝修理や伝統美術工芸・京表具専用の 紙として重宝されております。又、その製法は文化財保存技術の選定を受け脚光を浴びています。

金銀押紙見本帳
大和高級金銀紙

「日本の美と心」金銀押紙・砂子細工模様は千年の歴史と伝統に培われながら 日本人の生活文化の中に伝えられてきました。 雅な輝きを演出する職人の技により、高級襖・金屏風・額・衝立・寺院壁装などに 豪華さと優雅な雰囲気をおとどけいたします。

金銀細工
各種見本帳
大和高級金細工見本帳

日本独特の金箔の加飾技法による「金銀砂子細工」は平安時代には絵巻物や屏風絵に、その後、安土桃山時代から江戸時代にかけては寺院の襖絵、障壁画として数多くの作品が描かれました。
 「大和高級金細工集」では襖・天袋・地袋・衝立用として優雅で 華麗な技法を今に伝えています。
 

表装材料
総合見本帳
表装材料 大和

日本の伝統工芸表装の材料並びに道具類の総合見本帳です。熟練した職人の 丹精込めた 「技と彩」を一堂に集めています。
 

表装用裂地
総合見本帳
高級表装裂地集  京大和

 趣きある素材、深みのある色合 「匠の技が生きる裂」
 新感覚の伝統織物を収録しました。